ちょんまげについて

2014年、東京・原宿表参道を拠点に発足いたしました。
 
コミカルでパッション全開だったデビュー2作品。2016年は、ニッポンの心と迸る情熱を秘めて踊るチームへと変貌。2017年は、ピンクのスーツで攻める作風に。2018年には再び「和」へと回帰。
 
2019年は、原点に立ち戻り、中村信幸が代表を務め、天空しなと屋としては9年ぶりにアーティスト・松浦晃久氏とタッグを組みました。
 
設立当初の目的を果たしたとして、2019-2020シーズンを最後に活動を終了いたします。
 

設立

2014年4月

活動拠点

東京/原宿表参道

2019-20シーズン代表/総合演出

中村信幸天空しなと屋

指導担当(2019-2020)

新井彩冬実

制作

井上昇(天空しなと屋

踊り子の在住地

関東を中心に、北海道〜九州まで全国各地

練習について

東京都内及び各地での公式練習 及び 各自練習

踊り子募集

毎年1月頃を予定


 

演出/代表プロフィール

中村 信幸
Nobuyuki NAKAMURA
代表/演出/振付
 
 
 

天空しなと屋主宰。高知県生まれ。
 
東京と大阪を拠点に新スタイルの「和」の踊りを産み出し続ける振付師。ジャズ、バレエ、日本舞踊など幅広いダンスに精通する。
 
ダンサーとしては、東宝ミュージカル『王様と私』や、堂本光一主演ミュージカル『SHOCK』シリーズ2000年の初演『MILLENIUM SHOCK』などに出演。
 
よさこい界における実績は目覚ましく、高校生の頃には既に企業チームの振付を担当。近年では、高知のよさこい祭りや全国大会、各地の祭りで大賞や最優秀賞を毎年受賞。東京を拠点としてセルフ・プロデュースチーム「しん」「茜丸」「ちょんまげ」「明星」を手がけつつ、全国各地へ作品提供を行ない、よさこいを通じて一般市民にダンスの裾野を広げる活動を展開している。また、その創作において作詞や衣装デザインも手がけるなど、振付師としての活動だけに留まらない。
 
メディア出演も多く、NHK『第64回紅白歌合戦』(2017)では坂本冬美さんの歌唱によさこい振付を提供。日本テレビ系列『24時間テレビ39』(2016)では、パーソナリティーのNEWSと盲学校・ろう学校の子どもたちによるよさこいの、作品制作と3ヶ月間に渡る指導を担当した。また、フジテレビ系列『有吉のニッポン元気プロジェクト おーい!ひろいき村』(2015)では、芸能人よさこいチームを結成し、その作品制作と指導を担当するなど、数々の全国放送でよさこいを紹介してきた。
 
2008年から異例の10年間のロングランとなった『お江戸!花魁道中』では、国内外からの観客を迎え、江戸時代の豪華絢爛な世界を再現する舞台を演出。海外においては『2015ミラノ国際博覧会』日本館での舞台演出や、国際会議においてダライ・ラマ法王の御前演舞を担当するなど、和のエンターテイメントを広く世界に紹介すべく、活躍の幅を広げている。

指導担当プロフィール

新井 彩冬実 Satomi ARAI
指導担当
 
 

1983年生まれ。日本女子体育大学(舞踊学専攻)卒業。
 
【経歴】
・東京ディズニーランド, 2006年カウントダウンパレードダンサー
・DREAMS COME TRUE『KNOCKKNOCK』MVエキストラダンサー
・都市対抗野球大会 応援団チアリーダー(東京ドーム・京セラドーム・神宮球場・西武ドーム等。振付・構成・指導も担当)
・フジテレビ系列『歌がうまい王座決定戦』バックダンサー
・『テニプリフェスタ2011 in 武道館』バックダンサー
・奥村愛子 MVバックダンサー
・モダンダンスコンクール群舞受賞歴多数 他、各種イベント出演。
 
【よさこい経歴】
・天空しなと屋 しん(2011-2013)
・天空しなと屋 茜丸(2014-2015)
・東京よさこい なな丸隊(同上)
・天空しなと屋 ちょんまげ(2018-)

制作プロフィール

井上 昇
Noboru INOUE
制作
 

岡山県生まれ。18歳より8年間高知に住み、全国のよさこいに携わる。高知大学大学院 教育学研究科修了。
 
2009年、中村信幸とともに「天空しなと屋」を設立。日本各地のよさこいチームのプロデュースを開始。2018年現在、年間で全国30~40チームの作品制作に携わる。
 
2010年、よさこいチーム「しん」設立とともに代表に就任。
 
天空しなと屋が手がける、ほぼ全てのプロジェクトとセルフ・プロデュースチームに制作として参加。近年では、メディアでのよさこいの紹介にも注力し、NHK、フジテレビ、日本テレビ、テレビ東京などの番組企画でよさこい制作を担当。また、東南アジア各国では、日本人と現地の踊り子での合同演舞企画やワークショップなどを実現。イタリア・ミラノ国際博覧会の日本館でよさこいを紹介する舞台を制作したりと、勢力的に海外発信や国際支援を行っている。